女性用育毛剤でいつまでも美しく、キレイな髪を取り戻そう。私がみんなに代わって実際に試して検証してみました!抜け毛で悩む女性のための続けやすさで選んだ女性用育毛剤ランキング!!
  • ホーム
  • 見逃しがちな美しい髪へのケア

見逃しがちな美しい髪へのケア

女性用育毛剤で育毛を促すだけでなく、髪の毛のハリやツヤをより一層高めるためにしっかりとしたケアにてさらに美しくなりましょう。トリートメントとコンディショナーの利用や、それにプラスしたオイルケアもおすすめです。しかしヘアケアの中には女性用育毛剤の効果を下げてしまうものも中にはあるのです。美しい髪を目指して行うケアでも効果を下げてしまってはもったいないですよね。思い描く美しい髪へ近づくためにも、ここで改めてヘアケアについて知り、四季それぞれの注意点もおさえておきましょう。

【トリートメントとコンディショナー】

トリートメントとは髪の内部に成分を浸透させ、髪を補修するものです。コンディショナー(リンス)とは髪の表面に保護する膜をはりキューティクルの傷を補修したりサラサラにしたり指どおりをよくするものです。 シャンプー→トリートメント→コンディショナー(リンス)の順番が最適です。しかし美容院でトリートメントを定期的に行っている場合はシャンプーのあとにコンディショナーだけでも問題ありません。 ここで注意しておきたいのが、自宅でのトリートメントやコンディショナーを地肌へつけると毛穴が詰まってしまい地肌もベトベトしやすく女性用育毛剤の効果も下がってしまいます。実際ヘアケア剤は地肌につける必要がないものです。間違ってもシャンプーのように地肌につけることは避けてください。 「ヘアケア剤の利用は耳から下のみ」これを忘れずに、女性用育毛剤の効果を妨げないよう注意しましょう。

【ホホバオイル】

トリートメントやコンディショナーだけでなく近年ではオイルも広く使用されています。アロマオイルが広く浸透してからというもの、アロマオイルを体に塗る際に使用するキャリアオイルを購入する方も増えました。この中でもホホバオイルは髪にとてもよくダメージのケアに最適です。このようにオイルはスキンケアやマッサージだけでなくヘアケアにも使用できます。天然のものを使えば刺激も少なく肌にも髪にもいいことはたしかです。
しかし注意したいのがこのオイルを使用した美容院での頭皮マッサージ。地肌の汚れを取り除きマッサージによって血行をあげるとされていますが、女性用育毛剤の利用者は避けましょう。オイルは汚れを落とすものですが、オイル自体は肌から落ちにくいものです。そのため毛穴の汚れは落とせてもオイルが毛穴に詰まったまま、後に汚れとなってしまいます。効果を妨げないためにもオイルは毛先だけに使用しましょう。
ブロー前の一手間に、毛先に少しつけてみることをおすすめします。つけすぎはベタつきの元になるので控えましょう。

【季節ごとのケア】

春:乾燥する寒い冬がさり、やっと暖かくなる春。
生物はこの時期に細胞も活性化します。敏感になりすぎていないために、ケア方法を変えるならこの時期が最適です。今まで使っていたケア用品を見直すことが大切です。女性用育毛剤の利用を開始するにも、新しい商品に変えてみるのもこの時期なら安心です。この時期のしっかりとしたケアにて秋にやってくる抜け毛への先手を打ちましょう。

梅雨:四季だけではなくこの梅雨の時期が髪にとってはやっかいな季節となります。
湿度が多いことから髪の癖が出やすくうねりが増えます。髪のトップのボリュームも減り、毛先は広がりやすくなります。これもダメージが原因のためトリートメントで髪の内部にしっかりと栄養を与えダメージを修復しましょう。

夏:紫外線は大敵!肌と同じく紫外線対策が必要です。
スキンケアとして日焼け止めや美白化粧品の使用が増える時期ですが、最も紫外線が当たる頭皮へのケアをしないのはおかしいですよね。日傘の使用などで頭皮へ太陽の光が直接当たることは避けましょう。汗によって頭皮も汚れやすくなっています。しっかりと汚れを落として清潔に保ち、浸透をよくすることを意識しましょう。

秋:意外に思うかもしれませんが、秋は最も抜け毛が増える時期です。
そのため女性用育毛剤が欠かせない時期となります。夏の紫外線によるダメージはここで結果が出てしまいます。秋はカラーリングの色を変更する女性が多いといわれます。秋のファッションに合わせて髪もカラーリングやパーマを変化させることが増えると、それと同時に髪へのダメージも増えてしまいます。髪のおしゃれをしたらその分だけ特別なケアを心がけましょう。

 

冬:冬は肌が乾燥し血行も悪くなります。そのため育毛が妨げられることにつながります。
静電気や摩擦は大敵!髪への栄養を重点的に行い、乾燥を防ぎましょう。血行改善をして女性用育毛剤の効果を発揮させるためにシャンプーの際のマッサージも念入りに。注意点として寒いからと洗髪の温度をあげすぎないことです。乾燥につながるため悪循環となります。

© 続けやすさで選んだ女性用育毛剤ランキング!! 2013 All Rights Reserved.